神楽坂駅ビル | 新宿区・千代田区の不動産のことなら神楽坂上不動産

電話でのお問い合わせはこちら
       

神楽坂コラム

  • 神楽坂駅の駅ビル工事(3月完成予定)

    ■2019年3月に神楽坂駅ビル完成(予定)


    こんにちは。当社最年長、62歳になる釜澤です。まだまだ若い後輩には負けずに街を歩いています。

    東西線「神楽坂」駅は、ホームの両端から出る「神楽坂口」「矢来口」の2箇所の出入口が
    ありますが、現在、神楽坂口のすぐ裏手、赤城神社の鳥居のすぐそばで「駅ビル」の工事が進行中です。
    (地図の赤丸のところです)


     

    地上3階、地下3階建て。延床面積で1089㎡ですから、さほど大きな規模のビルではありません。
    地下に駅舎が入るので駅直結のビルになります。

    元々は2018年3月の完成予定で工事が開始されたのですが、1年長引いて2019年3月完成予定と
    なっています。詳しい事情は分かりませんが、この辺りは低層住宅街ですし、また土日は観光客も多い街
    なので、遅い時間や週末の工事が実施できないこともあって、長引いたのかと想像されます。

     

    もう躯体は3階の高さまで上がっていて、外壁・内装・設備工事の最中です。

    神楽坂商店街は、すでに十分な商業施設や店舗もあるので、このビルに入るテナントによって何か大きな
    影響が出るとは考えずらいですが、何よりも大きいのは「駅にエレベータが出来る」ことです。

    神楽坂駅は、小さなお子様連れのファミリーや、ご年配の方々のご利用も多い駅ですが、現在はエレベータが
    ないので、ちょっと不便です。私もよく階段を上がってくるときに、階段の途中で手摺りにつかまって小休止
    している年配の方をよく見かけます。私も年配ですがもっと先輩の方々です。
    ベビーカーを畳んで昇り降りする奥様もよく見かけます。

    エレベータが出来る事で、助かるわ」という人は随分いることでしょう。オープンするのが待ち遠しい限りです。


    テーマ名 日常





お問い合わせはこちら
電話でのお問い合わせはこちら